在宅バイト 求人情報サイト

在宅バイトとは

在宅バイトとは、文字通り家にいてできるアルバイトです。

 

ネット環境の急速な進歩によって、パソコンひとつでお金を稼ぐ人がたくさんでてきます。

 

中には、副業を通り越して、本業になった方も大勢いるようです。

 

また、そのような成功体験だけでなく、内職商法や悪徳商法の類もあとを絶たないようです。

 

内職商法というのは、サイトから資料を請求させ、仕事に必要なスキルを身につけるとして、法外な研修費用をとったり、かりに教育機関を終了しても、その後仕事がまったくなかったりする、インチキな商法です。

 

しかし、そういったバイトは論外としても、たとえば校正などのように、在宅で文字を打ち込んで、メールを返信するといった形式の仕事も増えています。

 

しかし、なにもパソコンだけが、在宅ワークではありません。では、いろんな仕事を見てみましょう。

在宅バイトの種類

家にいながらしてできる、専業主婦の方、子育て中の方にはぴったりのバイトだと思います。

 

しかし、在宅バイトといっても今はいろんなお仕事があります。

 

たとえば、在宅オペレーターというお仕事があります。

 

いわばテレホンオペレーターの自宅版といっていいでしょう。

 

お客さんに代わって、メッセージを受けたり、商品の注文を電話で受けるという代行サービスです。

 

すべて、自宅で出来るですが、受付時間中には自宅にいる必要があります。

 

しかし、業務代行を発注している企業は、結構しっかりしており、研修も必要なく、また、バイト先の専用システムを使うので電話料金もかからない、ということがメリットでしょう。

 

また、モーニングコール代行のバイトっていうのもあります。

 

言葉どおりモーニングコールをお客さんにしてあげるというもので、まあ早起きの人にはいいんじゃないでしょうか。

 

仕事をしたはいいけど、自分は寝坊したらどうしようもないですから。

 

これも、上記と同じ、電話を使って、自宅でできるバイトですね。

 

変り種としては、キャラクター模型製作士なんてのがあります。

 

お菓子などのおまけについている、キャラクターのフィギュアを作るお仕事で、こつこつとした手作業が好きな方とか、
アニメが好きな方などに向いているのではないでしょうか。

ネットでお小遣い

このように在宅バイトといっても、いろんな形のオシゴトがたくさんあります。

 

オペレーターみたいに人とお話したくない、あるいは、キャラクター作りのように細かい仕事はいや、という方には、ネットでお小遣いという方法もあります。

 

ネットでお小遣いを稼ぐのもいろいろありますが、はじめての方は、アンケートがいいでしょう。

 

企業が、主に市場調査のために、不特定多数の方から、アンケートをとり、アンケートに答えるたびに、ポイントやお金がたまっていきます。

 

さらには、アンケートに答えた内容によっては、座談会やモニターの参加資格になるものもあります。

 

在宅ではなくなりますが、この座談会やモニターに選出されると、一日5000円〜のバイトになり、結構おいしいものになります。